E41参謀資格試験課題レポ 別項:外交ルールの提案 提出・キギ@無名騎士藩国

【外交ルール】の提案

目的:藩国間の連絡を円滑に行うことで、藩国同士の連携を強化し無用なトラブルを防ぐ。
原則:外野が口出しするのは良い話ではないという古来のゲーム上の原則を大原則とする。

1、外交官ポストの設置
・専用の外交官を設置するか、藩国代表の藩王や摂政が外交を担当し、他国との交渉、話し合い、提案などを行う。

2、他藩国からの連絡手段の確保
・他藩国からの連絡用のBBS・メールアドレスを設置する。
・時間がないなどの緊急時に有効な連絡手段も必要となる。

3、緊急度に応じた連絡手段
時間に余裕がある場合、ない場合など、それぞれの緊急度に応じた他国との連絡手段を確保する

例:作戦案の提案
・時間に余裕がある場合
→まずは藩国内で検討してみる。最低でも藩王、摂政、外交官には知っておいてもらう。
→藩王などに、まず当事国に対して提案を行ってもらう。
→当事国との話し合いののち、藩王会議にかける。
→作戦案採用or不採用

・時間がない場合
→藩王や摂政に案があることを告知し、緊急で提案してもらえないか検討する。
→もしソレができない場合、セントラルやcwtg、BBS、人づてなどを利用して当事国を含む他国に対して連絡をとり提案をおこなう。
(ただし、これは問題になりかねないので注意が必要。)

4、外交上で発生した問題の解決
・まずは当事国の話し合いで解決を試みる。
・それでも解決を見ない場合、事務局や法官に申し出、裁定を願い出る。

5、議論をする際のルール
・当事国を最優先とする。ただし、議論の硬直が起きないよう、当事国は他国の意見に配慮する。

"E41参謀資格試験課題レポ 別項:外交ルールの提案 提出・キギ@無名騎士藩国" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント