E41大吏族資格試験レポート 提出キギ

吏族チェックの出仕経験を踏まえて大吏族資格試験レポートを作成、提出いたします。

従来の吏族チェックの流れのまとめ
1、エントリー:各藩国から吏族チェックに参加可能な人員が選出され、エントリーを行う。
2、尚書選出:根源力順に財務尚書、工部尚書、紋章尚書が決定され、吏族チェックの指揮をとる。
3、参加吏族の参加時間帯把握:尚書は参加する各吏族の作業可能時間帯を把握し、作業班の編成などに利用する。
4、チェックに必要な具体的作業の確認:参加人員全員が求められている吏族チェックの内容を理解する必要がある
5、締め切りの設定:尚書は提出期限とは別にチェック集計などのため、作業の締め切りを早めに設定しておく。
6、作業班の編成と担当割り当て:各吏族が3~4人1チームとして編成され、1チームにつき3~4国のチェックが割り当てられる。
7、担当藩国のチェック:チーム内の各吏族が協力し、割り当てられた3~4国をそれぞれチェックして報告を行う。
8、クロスチェックによるチェックミス防止:報告が終わったチェックに対し、クロスチェックをおこなうことでチェックミスを出来る限り排除する
9、チェック結果の集計・提出:尚書が提出されたチェック結果を集計し、事務局に提出する。


従来の吏族チェックを踏まえて、藩国内で割り当てられた吏族チェック担当分を複数人数で効率よく行うため、以下の提案を行う。
・大吏族は吏族一人分として数え、その分の作業を割り当てる。(動員できる人数が多いからといって大吏族に対して多くの仕事を回せば、作業効率が落ちてしまい、本末転倒である)
・吏族チェック時、吏族のほか藩国内でチェック参加可能な人員を吏族補として確保しておく。
・大吏族は吏族補の作業可能時間帯を把握し、作業の分担などに利用する
・大吏族・吏族補ともに、チェックすべき内容をきちんと確認し、理解しておく。
・複数の吏族補がいる分大吏族のチェック集計の手間が増えるため、作業報告の締め切りは尚書が定めた吏族の作業期限よりも早めに設定する。
・大吏族は吏族補を指揮し、割り当てられた作業をさらに分割して吏族補に作業を割り当てる。
・複数の吏族補を動員することでチェックミスの発見を徹底して行える。
・大吏族は吏族補のチェック報告に責任を持つ。

以上の提案を従来のチェックに加味した場合

1、大吏族・吏族補エントリー:藩国内で提出期限まで作業可能な人員を吏族補として募り、それらを指揮する大吏族を選出してエントリーを行う。
2、尚書選出:大吏族資格試験の結果、尚書資格をもつ者(あるいは根源力順によって?)が尚書として選出され、吏族チェックの指揮をとる。
3、吏族・大吏族(吏族補)の参加時間帯把握:尚書は参加する吏族・大吏族の作業可能時間帯を把握し、作業班の編成などに利用する。ただし、吏族補の作業可能時間帯については大吏族が把握していればよいとする。
4、具体的作業の確認:参加人員全員が求められている吏族チェックの内容を理解する必要がある。吏族補についても同様に作業内容の把握が必要である
5、締め切りの設定:提出期限とは別にチェック集計などのため、吏族・大吏族に対して作業の締め切りを早めに設定しておく。大吏族は吏族補のチェック集計が必要なため、さらに早めに締め切りを設定する。
6、作業班の編成と担当割り当て:吏族・大吏族3~4人が1チームとして編成され、1チームにつき3~4国のチェックが割り当てられる。大吏族は割り当てられた担当国をさらに分割して吏族補に割り当てる。
7、担当藩国のチェック:吏族・大吏族は割り当てられた3~4国をそれぞれ協力してチェックし、報告を行う。大吏族は吏族補を指揮し、吏族補によるチェック結果を集計して提出する。
8、クロスチェックによるチェックミス防止:吏族・大吏族は報告が終わったチェックに対し、クロスチェックをおこなうことでチェックミスを出来る限り排除する。大吏族は大吏族は吏族補を指揮し、担当分をクロスチェックする。
9、チェック結果の集計・提出:尚書が吏族・大吏族から提出されたチェック結果を集計し、事務局に提出する。大吏族は吏族補のチェック結果を責任持って報告する。

となる。

以下、大吏族と吏族補によるチェックの具体例を示す。(大吏族と吏族補による作業は5~8の項目に含まれる。)
例:ステージ3 イベント29 吏族招集(2)仕事1 新人歓迎キャンペーン募集3,4,5、6の評価の評価の場合
→尚書は大吏族4~5人を1チームとし、4~5国分のチェックを担当させる。
→それぞれの大吏族は吏族補を指揮し、割り当てられた4~5国分をさらに2国ずつ程度に分割して吏族補に割り当て、募集3,4,5、6の評価をしてもらう。
→大吏族による集計の手間を考え、吏族補は作業期限よりも早めに募集3,4,5、6の評価を報告する。
→大吏族は吏族補の評価内容を集計・平均値を出し、責任を持って尚書に報告する。

以上により、吏族チェックを複数人数で効率よく行なう。

"E41大吏族資格試験レポート 提出キギ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント