無名騎士藩国

アクセスカウンタ

zoom RSS 追跡

<<   作成日時 : 2009/06/10 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

GENZ:こんにちはー。お疲れさまです。
生活ゲームに参りました
芝村:記事どうぞ
GENZ:記事は
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=4278&reno=4274&oya=4274&mode=msgview

【予約者の名前】33-00647-01:GENZ:無名騎士藩国
【実施予定日時】20090609/2300〜2400
【ゲーム実施時間】20マイル×1時間
【予約の有無】10マイル
【召喚ACE】なし
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
【参加者:負担するマイル】

イベントは前回の続きでお願いします
芝村:しばしおまちを
GENZ:はい。

/*/

芝村:ここはフィーブル新聞社だ
芝村:田上は貴方を見ている

GENZ
>桜子:「いや、それききにきたのでは」
>芝村:田上は桜子にらんだ
#この続きってことですよね

芝村:ええ

GENZ:「ええ、元気そうでした」
GENZ:「いや、私の顔みて直ぐに逃げだそうとしたくらいですが」

田上:「・・・」

芝村:田上は涙を拭いた。

田上:「すぐ、探さないと。会社やめます。さよなら」

桜子:「えー!」

GENZ:「探しにいきましょう」
GENZ:「と、いや随分時間あけてしまった俺が言うのもなんですが! って、仕事大丈夫なんですか」

桜子:「ダメです」

田上:「じゃあ休暇で」

芝村:桜子は計算している。

桜子:「二〇日、有給ありますよね」

田上:「それ以内にみつかることを期待してください。では。いきましょう」

芝村:田上は貴方を見ている

GENZ:「ええと、ここまでにまず四年前の住所の所には行きましたが」
GENZ:「そこは例の火事がおきて、今はマンションになってます」
GENZ:「そこから先がわかりません」

田上:「その前に、貴方の・・・名前は?」

GENZ:………あー、うー……
GENZ:「GENZ と、いいます」
GENZ:「おぼえて、ますか」

田上:「・・・・?」
田上:「変な名・・・・え?」
田上:「えりすの?」

GENZ:「父島で。行き倒れ」
GENZ:「あの時はお世話になりました」(頭をさげます

田上:「機械、なんですか。まだ」

芝村:桜子は目を細めてる。

GENZ:「あー、そう…ですね。今度生身に戻すんですが」

田上:「なるほど。びっくりしました」
田上:「いきましょう」

GENZ:「ええ」

田上:「修理、できたんですね。えりすがあったら、喜ぶだろうな・・・」

芝村:田上は嬉しそう

GENZ:「まずは見つけないと……ええと、一度チョコが届いたことがあったんです」
「その時までは少なくとも、どこかにいたはずです」

田上:「分かりました」

芝村:田上はにこっと笑った。

GENZ:#うっ

田上:「まっててね・・・えりす」

芝村:田上のえりすさがしがはじまる。

GENZ:はい。で、とりあえず今わかってる情報を…と。
GENZ:「えーと、火事があったのはいつですか? チョコが届いたのは…3年前です」

田上:「火事は2年前です。」

GENZ:「なるほど。とするとその線はなしか……」
GENZ:「火事の時はどうだったんですか? その…状況とかは。だいぶ焼け出された人が出たとききましたが」

田上:「ええ。死者140名くらいです。あの当たりは」
芝村:田上は顔を赤らめた。

田上:「まあ、調べましょう」

GENZ:「ええ。まず、どこにいきます?」
GENZ:「このあたりは不案内で。住所も移民局と復員局を調べてやっと見つけたんです」

田上:「なるほど・・・」
田上:「病院と、警察ですね」

GENZ:「なるほど」

芝村:田上は病院で記録を調べるように交渉した

GENZ:Q:口添えできますか?<探してると

芝村:A:できるが、役に立たないだろう

GENZ:#たしかに。はい

田上:「調べられました」

GENZ:「おお!」
「ど、どうでした」

田上:「引き取られてますね。空雨林岩・・・どこまでが名字だろう」

GENZ:「そらあめ……いや」
GENZ:「それは。クーリンガンと、読みます」(難しい顔をします)
GENZ:「誰だかは知ってますが……くそ、奴か」

田上:「えりすの親戚、ですか?」

GENZ:「いえ、全然」
GENZ:「何をされてるかわかったもんじゃありません」

田上:「……」
田上:「なにかしていたら、絶対許さない」

GENZ:「もちろんです。すぐに助け出さないと」
GENZ:「しかし、危険な奴です」
GENZ:「……まあ、それは後だ。まずは今どこにいるか、ですね」

田上:「住所は・・・あった」

芝村:田上はミニクーパーに乗った。
芝村:貴方を見た

GENZ:「いきますよ、もちろん」(苦笑

GENZ:r:乗り込みます
GENZ:Q:あ、今ACE是空とかに電話かけられますか?

芝村:A:電話は繋がらない

GENZ:#すてき! のーん

芝村:田上は運転がへただ。
芝村:スピンした。

GENZ:アッー

芝村:時速120km

GENZ:いやいやいや! えー

芝村:赤信号突破

GENZ:「ちょ、速い! 道交法とか!」
田上:「黙っていてください。気が散るから」
GENZ:天をあおいで神に祈りますw
芝村:田上は派手にクラッチをつないでいる。
芝村:タイトスカートが気になって仕方ない

GENZ:目をそらしますよ! それは!
GENZ:#生殺し…?
GENZ:#いや、酷い運転中ですが

芝村:田上は長野まで走った。

田上:「まずい・・・」

GENZ:「ど、どうしましたか」
GENZ:「まさか、ガソリン」

田上:「・・・・」

芝村:車が止まった。
芝村:時刻は、23時。
芝村:深夜放送が流れている

GENZ:「…………?」
GENZ:田上どんな様子ですか?

芝村:田上はソバージュの髪を乱してハンドルに額をぶつけてる。

田上:「・・・・」

芝村:田上はハンドルを叩いてる。くやしそう

GENZ:「???」
GENZ:「何か、あったんですか」
GENZ:一応ガソリンメーターとか確認してみます

田上:「早く助けたいだけです。冷静、なんですね」

GENZ:「冷静に見えますか。でも……クーリンガンと聞いたら熱くなってはいられないんです」
GENZ:「あいつに対して熱くなったら、殺される」

田上:「……犯罪者、ですか?」

GENZ:「犯罪者…そうですね」
GENZ:「まあ、最悪の、とつきます」
GENZ:「何人殺してるかな。数えきれない」

芝村:田上は泣きそうな顔している。
芝村:田上は手を隠してる。

GENZ:「いや、たまに変な所で優しかったりしますが」

芝村:じっとしている。

GENZ:「大丈夫ですよ、きっと」

田上:「からかって!」

芝村:貴方をにらんだ

GENZ:「えー。いや……からかってるわけじゃあ、ないんだけどな……」
#あ、そうか。アイドレスの常識とは違うんだった
GENZ:「手、どうしました?」

田上:「みないでください。震えているだけです。笑ったら・・・」
田上:「軽蔑します」

GENZ:「笑いませんよ。俺だって怖い」
GENZ:「運転、かわりましょうか?」

田上:「燃料ありません」

GENZ:「……そっちか!」
GENZ:ちなみに周りは…

芝村:森だよ。まっくらだ。

GENZ:やっぱり!@@

芝村:今日は二人で過ごすしかない

GENZ:ブホ

/*/

芝村:はい。お疲れ様でした
GENZ:お疲れさまでした!
あ、やっと手が震えてきました
>リアル
いやなんというか。田上かわいいですね
芝村:まあ、普通にな
GENZ:#空雨林岩はこーイラっときましたがギギギ
芝村:トライデントの面目躍如
見事
GENZ: えー
えー、なんでですかっ
というかこう、評価とかはどうだったんでしょうか@@
芝村:評価は+1+1でした
GENZ:おおう……@@
芝村:秘宝館には1,1で依頼できます。
では解散しましょう。おつかれさまでしたー
GENZ:うう。どうしよう
お疲れさまでした! あと1時間お疲れさまです
ではでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
追跡 無名騎士藩国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる